スクールの特徴とは

授業の風景

療術や整体の資格を持っていると、様々な職種や職場への就職が可能になります。
町の小さな整体院からクリニック、整形外科、大きな病院のリハビリテーション科など多岐に渡ります。
また、それらの数種類の資格を取得しているという人も少なくありません。
いずれの職種も、小さなスクールや専門学校、大学といった場所で数年間は基礎的な知識や徒手療法等を学び、資格を取る必要があります。
人の体に直接触れる職業であることから、人と接することが好きであるということが第一です。
また、対象者に信頼されることも必要ですから、信頼出来る人柄であるということも大切です。
特に、将来的に小さな整体院やクリニックの開業を目指しているのであれば、人間的な魅力が最も大切な要素とも言えます。

療術や整体を学ぶ場所は星の数ほどありますから、どこを選んだらいいのかわからなくなってしまいがちです。
この場合は、まず難関資格から取得する方法が無難です。
難関資格ほど就職につながりやすく、収入も高く安定します。
簡単に取得することが出来る資格では就職につながらなかったり、収入が低く抑えられてしまう場合がほとんどです。
自分が進みたい道がハッキリと見えているのであれば、まずは医療的な知識と基本的な療術を身に着けることが大切です。
療法士と呼ばれるような職業であれば、社会的に信頼を得やすくなります。
ただ、療法士は医師の指示の元でしか報酬を得ることが出来ません。
起業を考えたときに、新たな分野の学習をすれば良いのです。