学費について

肩こりの女性

整体とは手技や補助道具を用いて骨格や関節の歪みを調整する技術のことをいいます。
医療機関などで行う治療とは区別されており、民間療法として位置づけられています。
現在の日本では国家資格がありませんから、無資格でも整体師となることができます。
しかしながら、人の体を扱う大切な職業ですから、専門知識と技術を身につけておくことはとても重要です。
整体について学習する方法にはいくつか種類があります。
一つ目は、スクールに通う方法です。
それぞれのスクールによって授業内容が異なりますが、人体構造の基礎や解剖学などの知識に加えて、技術についても経験豊かな講師のもとで学んでいきます。
他にも、通信講座を受講する方法や、整体院に直接就職して師のもとで経験を積んでいくという方法があります。
しかしながら、これらの方法で実際に就職するというのは難しい面があります。
その点、スクールでは卒業後の就職をサポートしてくれるところもありますし、各スクールの認定資格も得られますから、通うメリットがあるといえます。

療術とは日本における民間療法の総称で、手技療法や電気療法、光線療法や温熱・刺激療法があります。
整体の他に私達が普段目にするものといえば、マッサージやカイロプラクティック、鍼や灸、整骨や接骨があるでしょう。
この中で、整体とよく似ているものとしてはマッサージとカイロプラクティックが挙げられます。
マッサージはあん摩マッサージ指圧師しか行えないものとなっており、国家資格に定められています。
一方、カイロプラクティックはヨーロッパやアメリカで創められた技術であり、アメリカでは国家資格として認められています。
本来これらは違った技術なのですが、現在の日本では境界があいまいにされていることも多いので注意が必要です。
また、鍼や灸、整骨や接骨についても国家資格が定められています。
どの療術についても人の体の不調を治すことを目的としているものですから、それぞれの施術内容を確認した上で自分に合ったものを選ぶことが大切です。